日本子ども虐待防止学会第28回学術集会ふくおか大会

大会コンセプト

大会長挨拶

日本子ども虐待防止学会
第28回学術集会ふくおか大会

大会長 小川 厚

(福岡大学筑紫病院小児科 教授)

このたび福岡大学医学部小児科学教室では、2022年12月10日(土)、11日(日)に、日本子ども虐待防止学会第28回学術集会ふくおか大会を主催することになりました。

我が国の子ども虐待は年々増加傾向で、大きな社会問題となってきています。日本子ども虐待防止学会は、1994年に「日本子どもの虐待防止研究会」として発足し2004年12月より「日本子ども虐待防止学会」に名称変更となりました。各地で虐待防止に関する研究や活動を行っている医療・保健・福祉・心理・法曹・教育など多職種相互の情報交流の場としても非常に意義深いものであります。

学術集会は年1回年末に開催され、全国各地から約3000名の参加者が見込まれており、28年目を迎える本学術集会は、福岡県で第10回大会以来2回目の開催になります。2日間を通して、外国人スピーカーによる特別講演、約20のメインシンポジウム、教育講演を予定しております。さらに、会員からの公募シンポジウム、一般演題発表を多数予定しております。

新型コロナウィルスの感染状況についての予測が難しい中、感染対策には万全を期し、より多くの方々の交流が実現可能となりますように鋭意準備を進めてまいります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

2022年2月吉日